生理になったときに脱毛ラボに通うことはできるのか?

生理になったときには、脱毛ラボには通うことができるのでしょうか。基本的には、生理中でもヒップやVIO以外の部位であれば脱毛することは可能です。したがって、急に生理になったとしても問題なく通うことができるので安心してください。また、生理中に施術を行うときにはショーツを履いたまま施術をすることができるので、わざわざキャンセルすることはありません。ただ、仮に生理用の薬を服用していたら話は別になります。生理痛を抑えるような薬を服用していると、施術すことができないので注意してください。なぜなら、薬の中には光を浴びたときに反応してしまうものがあるので、アレルギー症状が発生する可能性があるからです。したがって、生理のときや生理痛の薬を飲んでしまったときには、必ずエステティシャンに相談するようにしてください。

生理になったときの脱毛ラボの対応とは?

実は契約しているコースによって脱毛するかどうかの対応がことなってきます。例えば、脱毛ラボにはまったりコースや通常コースなどがありますが、まったりコースであれば1回目や3回目にVIOやヒップの施術をすることになるので、2・4・5回目などの来店のときに生理になっても問題ありません。ただ、初回の施術のときにいきなり生理と被ってしまったのであれば早めに予約のキャンセルや変更をするようにしてください。脱毛ラボの予約は、コースに関わらず2日前までであればキャンセル料金が発生することがないのでスムーズにキャンセルすることができます。ただ、1日前であれば1000円のキャンセル料がかかってしまいますので、なるべく早い段階でキャンセルを伝えるようにするといいでしょう。ちなみに、当日であれば回数が消化扱いになってしまいますので、その点は注意してください。

生理になっても脱毛ラボには通うことができる

生理になったとしても、基本的には脱毛ラボには通うことができます。脱毛する部位を減らすことによって、わざわざキャンセルする必要がありませんので、その点は安心です。ただ、生理中というのは肌が敏感になっているのでなるべくなら生理が終わってから通うようにした方がいいでしょう。生理が終わってから通えばVIOやヒップもしっかりと脱毛することができるので脱毛にムラがありません。脱毛ラボの施術は痛くない上に特殊なジェルも使用するので美肌効果があります。なるべくなら毎回全身脱毛ができるような状態で通うといいでしょう。

参考になる記事:脱毛ラボ渋谷店はコストパフォーマンスがいい